松戸市常盤平にある秋山クリニックです。新京成線常盤平駅より徒歩約7分です。

〒270-2261
千葉県松戸市常盤平2-14-9

047-387-5556

メニュー

診療案内

内科

風邪や腹痛などの日常的な急性疾患から、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、消化器や循環器の分野まで内科症状全般を診療します。そのほか、慢性腎疾患などにも対応しております。

診療において重視していることは問診と診察です。丁寧に診察することが大事と考えていますので、初診の方には診察の前に、問診票に記載をしていただきます。お薬のアレルギーや妊娠の有無、どのような症状で来院されたかなど、予め記入していただくことで、診療時間を短縮できるよう工夫をしています。

また、糖尿病や脂質異常症の検査、バリウム検査、腹部超音波(エコー)検査なども随時おこなっています。ご希望の方は事前にご相談ください。

呼吸器内科

当院にはぜんそくの患者さまも多く来院され、ご年配の方からお子さままで幅広く診療しています。ひとえにぜんそくといっても病状にはさまざまなパターンがあり、内因型と外因型に分かれ、人によって出方も異なります。そのため診察時は、一日のうちのどんな時に症状が起きやすいのか、熱、咳、たんなどの状況を確認しながら、必要であれば肺機能検査やレントゲン検査などもおこないます。

呼吸器の病気全般に言えるのですが、たとえば「咳」という症状でも、熱や呼吸困難があるのか否か、聴診器で調べたときに異常音はあるのか否か、総合的にみていかないと病気の鑑別が難しい面があります。そのため患者さまのお話をしっかりとお伺いして、また病気やお身体の状態については、丁寧にご説明いたします。

また、当院で対応できない症状が見つかった場合は、連携先の医療機関へご紹介いたします。

気管支喘息

原因

「風邪などの感染」に伴ってゼイゼイという呼吸になってしまうものを「喘息性気管支炎(喘息さま気管支炎)」と呼びます。小さいうちは身体が小さく気管支も細いので、当然、喘息の症状が起こりやすくなります。

症状

喘息さま気管支炎:喘息に似た症状がみられる気管支炎で、主として乳幼児に起こります。
ゼイゼイという喘鳴を起こし、軽い発熱を伴います。咳をすることもよくありますが、比較的元気で、気管支喘息の時のような激しい呼吸困難はめったにみられません。

治療法

小児喘息あるいは喘息性気管支炎のときや、風邪から気管支喘息を併発したときは、細菌やウイルス、マイコプラズマなどの原因に合わせて、「抗生物質」などの薬による治療が必要です。しかし、喘息は抗生物質では治せません。

対策

風邪の咳から、喘息・肺炎と併発することもあります。特にお子さまは症状の変化を注意して見てあげてください。

アレルギー科

花粉、ダニ、ハウスダスト、食物など、アレルギー疾患の原因はさまざまです。特に大きな原因となるのは体質的な要素であることから、診察前にアレルギー疾患があるご家族さまがいるかどうかなど、問診票に記載いただいています。診察では、自宅や寝室、布団の利用年数やペットの有無などを丁寧にお伺いし、血液検査や肺機能検査をおこないます。

治療では、症状を軽減するための軟膏や抗アレルギー剤の内服薬などを処方いたしますが、気長に続けていく必要があります。また、環境をいかに整えるかが大事になります。生活環境の改善に向けたアドアイスをおこないつつ、さまざまな角度から対応できるように努めています。

アトピー性皮膚炎

原因

アトピー性皮膚炎とは、主としてアトピー素因のあるものに生じる、慢性に経過する皮膚の湿疹病変です。このため、診断に当たっては、年齢に対する配慮が必要です。

症状

痒み(かゆみ)を伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへさま々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。

治療法

アトピー性皮膚炎は遺伝的素因に加え、さま々な内的、外的悪化要因を持った皮膚病ですので、現時点では病気そのものを完全に治す薬物療法はありません。従って対症療法が治療の原則になります。

対策

体質改善の根治として自然食品の玄米、菜食を食すと、体質の好転反応として一時的に悪化したような症状が出る事がしばしばあります。アトピー性皮膚炎の場合、痒み(かゆみ)が強まる、口内炎がひどく出るなどいろんな諸症状が発生します。
しかし、改善への兆しとして改善食をつづけましょう。
ただし、人それぞれの状況に応じてしかるべき医師との相談が前提です。

消化器内科

食道、胃、大腸、肝臓、胆のう、すい臓についての診療を行います。同じような症状でも原因となる疾患はさま々です。
腹部膨満感、胸焼け、便秘、腹痛、下痢、血便、吐き気、嘔吐などの症状がある方はご相談ください。
より精査が必要な場合、入院が必要な場合には速やかに専門医、病院をご紹介いたします。

胃透視(バリウム)検査

月に一度、第4土曜に行っております。(事前にご相談ください)
検査当日は朝食をとらずに来院ください。服薬については事前にご相談ください。

胃カメラ検査

平日朝8時30分から行います。
事前に血液検査が必要となります。前もって来院されて、採血と胃カメラの予定日をお決めください。

予防接種について

ご希望の方は予約をいただければ、火曜午後の診察時間に接種いたします。
診察券と母子手帳、予診票を持参のうえ、ご来院ください。

無料接種(公費負担)

BCG

DPT(ジフテリア・百日せき・破傷風)

DT2期

MR(麻疹・風疹)

日本脳炎

任意接種(有料) 水疱瘡・おたふくかぜ・はしか・風疹・インフルエンザなど

松戸市成人病健診について

事前に予約をお願いします。
健診前日の夕食は夜9時ごろに終わらせ、当日の朝食は糖質を含む飲料水等はとらずに来院してください。

  対象年令 費用
特定健康診査 40歳以上 無料
女性の健診 35~39歳 有料
大腸がん検診 40歳以上 有料
乳がん検診 30歳以上 有料